目的に応じて高校留学の種類を選ぶ

高校留学の方法としては、交換留学と私費留学に分けることができます。どちらの方法が自分自身に合っているのか判断して、留学方法を選択することが大切です。


交換留学の目的は異文化との交流と言えますので、現地の文化に触れて多くのものを学びたいと考えている人に向いています。

滞在先は指定の学校に協力しているホームステイ先となりますので、日常的な様々な生活において習慣や文化を学ぶことができます。
従って、交換留学は一定レベルの語学力を身につけておくべき高校留学の方法で、試験に合格する必要があります。



選考試験は5月に行われており、多くの団体で年に複数の回数の試験が行われています。



奨学金制度が採用されていますので、費用の支払いに不安を持っている人の場合に利用できます。

奨学金の選考試験は7月に開催されていて、その試験に合格することで利用できます。

私費留学は自分で留学先を決めますし、好きな内容の勉強をすることが可能な高校留学の方法です。
必ずホームステイをしなければならないと決まってはおらず、滞在方法を自由に決めることが可能です。

自分でスケジュールを考えて、自分だけで勉強したいときや国外の人と一緒に学ぶなど目的ごとに選択できます。


私費留学は交換留学とは違って試験がありませんので、本人のやる気だけで行くことができます。

OKWaveを調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

留学の開始時期はいつでも問題ありませんので、思い立ったときに挑戦することがおすすめです。

私費留学のほうが費用が高額になりますので、家庭の事情によってチャレンジできないことが考えられます。

そのために親に十分に相談をして話し合ってから決めたほうが良いでしょう。